PAGE TOP ▲
  • 重要なのは・・・
  • 「何を」 「どこまで」
  • 見るのかを明確にする事です

まず「今どれだけ動いているのか?」
見極めることが重要であり「誰が見ても同じ結果」になる
簡単な基準にアプローチをしていく流れが
結果を出す近道なのです。
コンディショニングの基準を見極められるようになれます
具体的な数値や基準を示すことができゴールが明確になります
「今ここまで出来ている」という経過をクライアントと共有事項にする事ができるようになれます
共有された結果をお互いが確認することができゴールに辿り着き易くなります

商品情報

【勝俣智之】
コンディショニングメソッド
『胸郭編』&『骨盤編』
2タイプ同時発売

収録内容

・胸椎前弯の確認と改善エクササイズ

・胸腰椎後弯の確認とエクササイズ

・胸椎回旋の確認とエクササイズ

・胸郭前方移動の確認とエクササイズ

・胸郭後方移動の確認とエクササイズ

胸郭は上半身の基盤です。コンディショニングではこの胸郭の動きを優先すべきと言っても過言ではありません。肩や腕を動かすとき、まず胸郭の動きが入ります。胸郭が動いてから肩や腕が動く、この流れが重要です。では、この胸郭の動きが出なくなるとどうなるのか?胸郭がやらなくてはならない動きが肩や腕にまわります。そうなると肩や腕は負担が大きくなります。怪我の原因となったりパフォーマンスが落ちたりと良いことはありません。そして肩、腕だけでなく胸郭が動かなくなると腰、脚などにも同じように負担がかかってしまいます。このように胸郭を調整することはコンディショニングの基本となります。

このDVDでは簡単にできる胸郭のコンディショニング方法を紹介しています。動きのチェックから問題点を選出、その結果から修正エクササイズの方法を紹介します。チェック方法は、①伸展運動②屈曲運動③回旋運動④前方移動⑤後方移動の5つです。そして修正エクササイズのチョイスにも優先順位があります。こちらも合わせて紹介しています。このDVDが皆様お持ちのテクニックの幅を広げる手助けになれば幸いです。

上記サンプル動画をご視聴頂けます

収録内容

・ハムストリングの柔軟性と改善方法

・大腿四頭筋の柔軟性と改善方法

・股関節の柔軟性と改善方法

・骨盤前後傾と改善方法

・骨盤側方傾斜と改善方法

骨盤はかなり動きます。代表的な動きは「傾き」です。コンディショニング時に必ずこの動きの確認を行います。動く方向は前に傾く「前傾」、後ろへ傾く「後傾」、横への「側方傾斜」をチェックします。これらは独自のチェック方法により比較的簡単にチェックすることができます。そして動きの出ない方向へエクササイズをチョイスしアプローチをする・・・チェックからの流れは概ねこのような感じです。しかし、実はこれだけでは不十分です。それは「なぜ傾きが起きないのか?」の原因が探せていないからです。骨盤が傾けない要因が存在します。その代表的な要因は脚と股関節の筋肉です。この筋肉の柔軟性が獲得できていないと骨盤を動かすことが難しくなるのです。そしてどこまで柔らかくなれば良いのか?が重要です。比較的曖昧なこの「どこまで?」の値、ここではその目標とする指標まで紹介しています。

①ハムストリングの柔軟性②大腿四頭筋の柔軟性③股関節の柔軟性④骨盤前傾/後傾の見方⑤骨盤側方傾斜の見方
全て基準値と修正エクササイズ方法を合わせてのご紹介です。
このDVDが皆様お持ちのテクニックの幅を広げる手助けになれば幸いです。

上記サンプル動画をご視聴頂けます

『胸郭編』&『骨盤編』
2本セットでお得!!

講師紹介

勝俣智之
Katsumata Motoyuki
理学療法士の資格を持つ
メディカル&コンディショニングトレーナー
<実績>
東京オリンピック野球メディカルサポート
U18野球日本代表選抜メディカルサポート
アンプティサッカー日本代表選手トレーニングサポート
医療、トレーナー養成機関非常勤講師
整形外科クリニック非常勤理学療法士

コンディショニングにおいて「何を」 「どこまで」見るのかを明確にし、
自分自身の行っているものが感覚的なものになりすぎていないか確認していきましょう!
この感覚と理論が混ざることで、より深みの増すアプローチが可能となります!
感覚も大事、そして理論も大事!ひとりでも多くの健康サポートを!
この内容が皆様のアプローチ方法を明確化する手助けになることを願っています。

視聴者の声

胸郭編

<五十音順>

  • 石野田 神 さん[指導年数 25年]
  • ・株式会社ルネサンス ヘルスケア事業推進部 教育研究チーム 課長
    ・adidasファンクショナルトレーニングアンバサダー
    ・SKLZ JAPAN パフォーマンススペシャリスト
  • 視聴後に役に立った事
  • 評価からドリル実践までのフローや実践面での大切なポイントを抑えており、修正や変換といった対応の幅があるので指導に役立つ事ができました。
  • 私がこのDVDをお勧めする理由
  • このDVDは、学び始めのトレーナーの方から経験を積んだトレーナーの方まで幅広く学びを得られる1本だと思います。評価から運動の実践、クライアントごとに起こり得る個別性への対応など、コンディショニング指導の現場で活用できるエッセンスがたくさん詰め込まれています。身体の土台づくりが必要なクライアントはたくさんいらっしゃいます。このDVDから学んだことを、今日から実践して指導の幅を広げてレベルアップしてみてはいかがでしょうか。
  • 金城 祐也 さん[指導年数 17年]
  • ・パーソナルトレーナー
    ・運動プログラム開発
    ・作曲家
  • 視聴後に役に立った事
  • 動作のチェックポイントや評価の方法が明確で基本に立ち返る事が出来た事です。運動指導をしていく上では複合的なエクササイズを選択してしまいがちですがパーツを分類して評価してみると機能が低下していることが実際の指導現場では多く見受けられます。1ヶ月前に可動域が獲得されていたパーツも日常生活習慣により可動域が減少している場合があり、この基本のいくつかを当て込んでみて左右差などの評価をしていくと良いと感じました。十分な可動域が得られていないで瞬発的な動作や筋出力の高いエクササイズをすることは障害の発生に繋がる可能性が高いからです。また最後の締めの言葉も応用や構造上の個体差、感覚と数値の顧客様と共有するなど指導現場でのポイントなども学びになります。
  • 私がこのDVDをお勧めする理由
  • 動画配信サービスや情報が溢れる現代で確かな情報を獲得していく事はより困難な時代となりました。何人が良いねした!という統計的な認知バイアスに陥らず、現場での実指導による積み重ねから生まれる本物の指導だと感じました。また運動指導教本としての撮り方に感銘を受けました。教本として保持し、研修を受けるように視聴したり、指導方針について悩んでいる時に視聴すると多くの事に気付かされると思います。基盤のない運動指導に何を積み重ねていっても崩れてしまうものです。運動指導の基盤を学ぶには最適な映像物だと思います。もしあなたが結果を出せるパーソナルトレーナーを目指しているのでしたら私はおすすめ致します。
  • 高橋 亜紀 さん[指導年数 24年]
  • ・PreMare株式会社代表取締役
    ・LoopExercise®︎考案者
    ・Conditioning Studio PreMare代表
  • 視聴後に役に立った事
  • クライアントの動きのチェックポイントが動画だけでも再現しやすい方法で説明してくださっています。言葉の表現がシンプルでわかりやすい。知っている動作に関してもポイントが抑えてあり、より理解を深めることができました。
  • 私がこのDVDをお勧めする理由
  • とにかく目的に合わせたわかりやすい説明で理解が深まります。紹介されているエクササイズはシンプルなのでクライアントに合わせた様々なケースに対応することができます。ピラティス指導から見た視点でも新たな気づきがあり、勉強になりした!

骨盤編

<五十音順>

  • 岩井 望美 さん[指導年数 16年]
  • ・パーソナルトレーナー
    ・理学療法士
    ・運動開発アドバイザー
  • 視聴後に役に立った事
  • どんな目的のトレーニング指導でも、すぐに使える実践的な内容でした。
    紹介されている評価とエクササイズに用いる動作は、クライアントの立場からは、老若男女問わず、運動経験の無い方でもやり易いものばかり。またトレーナーの立場からは、ベテランからまだ経験の少ない方でも、全ての方にとって定量的な結果が得られる動きばかりですから、パーソナルはもちろん、チームでクライアントを見るときに用いるのにも適していると思います。
  • 私がこのDVDをお勧めする理由
  • 動作内容は私達理学療法士の専門分野である骨運動や運動学を根幹にあり、すべての評価・エクササイズの根拠が実にしっかりとしています。だから、安全で、分かりやすく、効果が高いです。どんなクライアントにも、より安心して提供していただけます。
    トレーナーの経歴年数が若い方は、実践で何度も行いそこから学んでいただけますし、ベテランの方は普段提供している運動の理論の答え合わせになります。フィットネスが多様化している今、より信頼される指導のために必要な一本となること間違いなしです。
  • 北川 司 さん[指導年数 8年]
  • ・身体と心の研究者
  • 視聴後に役に立った事
  • 股関節の作品として、ハムストリングスや大腿四頭筋などの脚からアプローチをされている点や評価方法から改善策という順で説明されていることが良いと感じました。
  • 高橋 純一 さん[指導年数 20年]
  • ・株式会社J.T. STRENGTH & CONDITIONING 代表取締役
  • 視聴後に役に立った事
  • 当動画は「メディカルコンディショニング」の観点から骨盤機能をシンプルに評価して、その対応策の発見に役立つ手引書のような存在。私のようなS&Cコーチとしては、個人だけでなく、チーム(組織)の管理のアイテムとしてチーム全体のウィークポイント=強化ポイントを見出すために絶対的に必要なチェック項目となります。
  • 私がこのDVDをお勧めする理由
  • 現時点で何故パフォーマンスが上がらないのか、その根底を知る上で選手も指導者も可視化して現状を知る事でゴールを定めることができるからです。勝俣氏はPTという側面だけでなく、フィットネス、ハイパフォーマンスの分野でも活躍される優秀な指導者です。心から当動画をお薦めします!