この商品をご覧いただきありがとうございます!今回は、様々な展開方法をお伝えします。皆さまの普段のクラスでは、パーフェクトシンメトリーやアドオンのみのレイヤリングになっていませんか?
常にパーフェクトシンメトリーのみだと、面が変わる部分でストレスを与えてしまう恐れや、クラスが単調になり間延びにつながってしまう恐れがあります。
もしかしたら、インサーション(差し込み)や小分けに伝える方法(私はリンクメソッドと呼んでいます)をご活用いただくと、クラスに幅が出て、わかりやすさや伝えやすさが向上するかもしれません。
今回はコリオグラフィー別に、どんな展開方法が適切かお伝えさせていただきます!皆様の参考になれば幸いです!

 

シェアする