前半2ブロックは中級らしいフットパターンを使用しつつ、顔は正面のままでできるコンビネーションをご紹介します。後半の3ブロックでは、正面で動き方のコツを覚えた後、面を変えることでお客様が安心してインストラクターから目線を外すことができるよう進めていきます。
さらにお客様には短い動きでの提案を積み重ね、「動き方」に集中できるよう、プログラミングしています。ぜひ最後までご覧いただき、皆様の指導のヒントになれば幸いです。

 

シェアする