シンプルな動きの組み合わせは、運動効果は伝わりやすいですが「楽しさ」をお伝えするのは難しいなと私自身が感じたことがありました。お客様が良い意味で慣れない、飽きない、そして少し頑張ることを意識してコリオを作成いたしました。ステップ台の手前だけでなく前や横のスペースも使い、さらにリズムチェンジなどを加えて、難度を少しずつ上げていきます。

後半のブロックは、初中級者~中級をイメージして作っております。こちらでは面を変えるような動きも出てきますので、中級クラスを担当しているインストラクターの皆様にもご活用いただけると幸いです。

 

シェアする