皆さんはコリオグラフィーやその展開を作成するとき、どんな事を考えていますか?

おそらくお客様の様子を思い浮かべながら、「楽しませてあげたいな、びっくりさせたいな」なんて考えているのではないでしょうか。しかし、こんな経験はありませんか?この面白さがいまいち伝わらなかった…そう、面白さを「シェア」できなかった。

なぜでしょう。理由はインストラクターとお客様の目線は違うからです。皆さんがどれだけ素晴らしいと思った内容でも、お客様にその素晴らしさが伝わらなければ、インストラクターが指示した事をやっただけのクラスになってしまうのです。

ゴールはお客様に満足していただくこと。お客様にとって丁度いい内容にすることがとても大切になってきます。そうはいってもインストラクターのアイディアも大切にしたいですよね。そこでインストラクター目線のなるほどを、お客様目線で「シェア」できる丁度いい内容を集めてみました。ぜひご覧ください!!

シェアする