¥1,650

この動画では、オールレベル向けのダンスエアロビクスのコリオグラフィーを5ブロック紹介しています。シンメトリー、アシメントリー、オルタネートを組み合わせた内容となっています。 今回はコリオグラフィーと構成の「ボリューム設定」についてお伝えしていきます。

音ハメを意識しすぎて構成やコリオグラフィーをこだわりすぎてしまうと、お客様が覚えることに必死になってしまい少しストレスに感じてしまうかもしれません。そのため、構成の中で複雑なこだわりのある内容の次のブロックでは、16カウントのシンプルなシンメトリーやフットパターンを減らしたアシンメトリーなど、わかりやすい内容を作成しています。

逆にフットパターンの少ない内容は伝わりやすいのですが、シンプルですぐにキャッチができてしまうためそれだけで構成することで物足りなさを感じることがあります。 クラスレベルに合わせて少しチャレンジするようなパート、シンプルで覚えやすいパートのバランスを意識して、ご自身のクラスで活用していただけますと幸いです。

カテゴリー: タグ:
シェアする

こちらもおすすめ…