¥1,100

FR437-6

石田 舞

 

ダンスエアロを担当する際、心掛けていることは何ですか?私は参加者に「ダンスの動きが難しい・できない」という苦手意識を持たせないよう配慮することを念頭においています。
お客様の中には、エアロビクスの動きには慣れていてもダンスの動きとなるとまだ自信がないという方はたくさんいらっしゃいます。このシリーズ内容では普段私が心がけている3S(3つのスタイル)を考慮して作成しました。

展開・・・通常のエアロビクスの動きから無理なくダンスの要素に変換していく。
プログラミング・・・1ブロックの中でのダンステイストとエアロビクス、またリズム、スピード、方向変換などアクセントの配分をバランスよく考える。
プレゼンテーション・・・ダンスエアロは何よりも踊る楽しさを伝えることが大切。参加者がその気になるよう全身全霊で魅せる。

このシリーズ動画を見て、何かヒントを得ていただけると幸いです。最後ボーナストラックとして石田舞さんのパートも収録しています。

 

カテゴリー: タグ:
シェアする