¥1,100

FR901-1

島田 真理

 

シンメトリープログラムを展開する時、つまりどこかでリード足を変えようとする時、その手段は次の4つのどれかです。リフト・ストップ・タップ・チャチャチャ。この4つの要素のうち、私が最も容易だと考えるのは『ストップ』どこかで足を止めること。この作品はその『ストップ』からすべてスタートしています。過去に「1・2・STOP」という作品を出しましたが、今回はその続編といった形です。
最初の一歩で止まることを伝えられたら、それだけでシンメトリーの軸が成立するし、いつものあのステップも一歩目を止まることでまったく違うカウント使いになって、難しい訳ではないのに楽しい、に。そして『ストップ』から始めて重心移動を伝え、その部分を後からリフトやチャチャチャに変換すると、最初からリフトやチャチャチャを教えるよりうんと簡単です!3歩目に止まるのとはまた違ったバリエーションを楽しめるというところにも注目してご覧ください。

カテゴリー: タグ:
シェアする