ステップレッスンはプログラミング次第で難度も強度も変化しやすくなります。

僕が普段のレッスンで意識しているポイントをレッスンスタイルで解説しながら進めますので、ご自分に合ったプログラミングやレイヤリングを選んでいただけると思います。ステップ台に対しての立ち位置やステップ台の踏み位置、フロアの使い方など、分かりやすく解説を入れボリュームある内容となっております。

シェアする