エアロビクスで行う「クラップ」、いわゆる「手をたたく」「手拍子を打つ」ということは、とてもポピュラーなことですね!ステップタッチと言えばクラップがつきもの、と言ってもよいくらいではないでしょうか。

この内容ではクラップに注目し、クラップの活用法をテーマにお届けします。手をたたく、つまりアーム主導での動きから始める方法は、エアロビクス未経験の方にとっては、フットパターンからスタートするよりも簡単に行うことができます。つまり、上手く活用すればスムーズな足運びのヒントにもなるでしょう。

また意図的にクラップをはめ込むことにより、脳トレの要素として活用したり、一定のタイミングで音を出すことによって、コリオグラフィーのアクセントとして使うこともできます。
初心者向けクラスから中級に掛かる程度のクラスのレッスンでも活用できる、さまざまなクラップを活用したコリオをご提案します!

 

シェアする