参加者が継続する魅力的なクラスを作るためには何が必要でしょうか?
強度と難度を上げすぎない、丁寧なキューイング、楽しい雰囲気づくりなど、どれも全て大切だと思います。そこに私は『集中するポイント』を参加者に伝えるようにしています。

水の抵抗を感じながら頑張って力を入れるところ、水の浮力を活用しリラックスするところなど参加者がどのように動きたいのかを自然と選択出来る指導法をお届けします。
『心地よい』と感じる心の満足感、『出来た』という動きの達成感は必ず参加者の継続に繋がるはずです。参加者を飽きさせない動きのバリエーションにもこだわりました。皆様がレッスンをする現場で活用できるヒントになれば嬉しいです。

シェアする