ひとつひとつのビルディングに意味と意図を持つこと、これを私は重要視しています。「LIKE THIS (私流の)なせ?ならこのように…」を形にしていきます。

レイヤリングの展開方法や手法、コンビネーションやそのバランス、繋げる部分、キューイングやタイミングなどを私ならではの方法でご案内致します。
そちらにご注目いただき、自身のクラス構築にお役立ていただけましたら幸いです。私が選び好むフットムーブメントにもぜひ。

シェアする