今回大切にしている部分は、台へのアプローチです。ステップ台に対して、ただ踏んでいるだけではコリオグラフィーに幅が出てこなくなってしまいます。様々な方向からアプローチすること、様々な方向へ足を運ぶことによってコリオグラフィーのバリエーションを増やしていきます。また踏んでいる位置を明確にお伝えすること、身体の向きを正確に伝えることでステップは劇的に動きが伝わります。

ステップはエアロと違い、ステップ台という目印がある分お身体の向きが明確になりやすいです。同時に、正確に向きが伝えられないとコリオグラフィーもスムーズに伝えることができなくなってしまいます。
コリオグラフィーを伝えるだけでなく、身体の向きにも注目をしてみてください!

シェアする