大事なのは、「分解と強度変換」で、ダンスの動作を効果的に見せるには正確な体の使い方と沢山の筋肉や関節を導入したバイオメカニクスを理解していく事が大切と考えています。参加者が難しく感じるのはスピードや角度などの明確性を欠いた展開となっているかもしれません。

今一度、分解を考えながらレッスンをされるのをお勧めします。ダンス(動きの見せ方と身体の活動の仕方)とエアロビクス(有酸素運動の考え方)を踏まえたものがchoreographerなのではないでしょうか。

シェアする