¥4,400

凝りや痛みの原因は様々です。
その中でも特に「筋膜性疼痛症候群」の様な、トリガーポイントによって引き起こされる筋膜の異常からくる痛みなどは、セルフケアによって“自分で改善出来る”ことをご存知でしょうか?

筋肉に関連した痛みの約70%は痛い場所とは関係のない部分に原因があると言われています。つまり痛い場所は結果であって原因は他の場所にあることが殆どなのです。
トリガーポイントのトリガーとは、「引き金」のこと。つまり痛みの引き金になっている筋肉の凝り固まった拘縮部位のことを指します。筋肉に関連した痛みの場合
多くはこのトリガーポイントを探し出しアプローチすることで凝りや痛みを改善することが可能です。

このDVDでは、からだバーを使い凝りや痛みの原因になっているトリガーポイントをsearch(探す)して、リリースする「ほぐし」のテクニックをご紹介します。
シリーズの第一弾は、肩凝り/腰痛編です。どなたでも簡単にトリガーポイントをsearch(探す)出来るよう、トリガーポイントマップを掲載しました。
凝りや痛みから解放され、日常生活のクオリティ(QOL)を上げる為にも、是非このDVDをお役立てください。

シェアする

こちらもおすすめ…