¥4,400

症状別「ほぐし」のテクニックの第二弾!股関節痛/膝痛編です。
傷病をお持ちで、関節や神経の異常に伴う疾患であっても、実は筋肉が原因で痛みが起きている、又は悪化していることが多々あります。

同じ傷病を持っていても、痛みが酷い人と全く痛みが無い人がいる様に、痛い場所は“結果”で原因は他にあることが殆どだからです。
例えば、動くと痛みが悪化する場合や、痛みの部位が日によって移動する場合、そして鈍い痛みの場合は、トリガーポイントが原因の関連痛である可能性が高いと言えます。

トリガーポイントは筋膜を通し、関連するあらゆる場所へ凝りや痛みを引き起こします。
からだバーの「ほぐし」は、ピンを使いトリガーポイントを特定する事で、効果的に筋肉の拘縮をリリースし、凝りや痛みを軽減します。
また骨や関節を適切な位置に戻すことにより、代償動作を出さずにエクササイズを行うことが出来るので、日常生活からくるアンバランスな癖を修正し、楽によく動く快適な身体へと導きます。

シェアする

こちらもおすすめ…