皆さんは、32カウントのシンメトリーのコリオグラフィーを作る時、どんな作り方をされますか?また、悩まれる事はありませんか?
32カウントシンメトリーのコリオグラフィーを作る際やネックになる事は、ベースをどこまで作ればいいか、どんなふうにレイヤリングしていけばいいかだと思います。

ベースを長く作り過ぎると、やや間延びしてしまうし、短くし過ぎると難度や強度があがりすぎてしまう可能性があります。そんな時にどんな作り方をすれば、もっとスムーズにマンネリなくレッスン展開が出来るかをお伝えいたします。

この内容をご覧いただきありがとうございます!?今回は、フロアの使い方について様々なチャレンジをしております。ステップ台に囚われてしまいますと、毎回似たコリオグラフィーになってしまう恐れがあります。また、重心の移動が上下にしか起こらず、膝などに不安のある方は敬遠してしまうかもしれません。

そのため、今回はフロアを有効に使うことで「コリオグラフィーにバリエーションが生まれる」「様々な体重移動を起こしフィットネスならではの爽快感を作る」この2つを目指していきたいと思います。ステップならではのコンビネーションに、エアロのダイナミックさを融合していくイメージです!?皆様の参考になれば幸いです!

シェアする