エアロビクスとダンスエアロビクスの違いはインストラクターによって様々です。ダンスのスタイルは無理なく進めていくと身体の機能を高めてくれる有効的なエクササイズになります。ベースにエアロビクスの展開方法を活用しながら、少しずつ動きをファンクショナルなものに移行していき、気がついた時にはダンステイストに変わっているような感じでスムーズに展開していきます。肩関節、股関節、脊柱と3Dに動くことができる関節をしっかりと動かして、日常生活の動作がより良くなるように進めていきます。

今回はヒップホップ、ラテン、レゲトンなどのジャンルの動きを活用してエアロビクスの基礎の流れから更にカッコよくスタイルをつけてダンスが苦手な人も脂肪燃焼しながらダンスをしている感覚になれるようなコリオづくりをしていきます。クラスの展開の参考にしていただけると嬉しいです。
できないという方が現れないように徐々にプログレッションしていきます。
様々なお客様レベルに合わせて楽しみながら展開していきましょう。

 

シェアする