皆さんが考えたコリオグラフィーを参加者に伝える場合、どうしても動きの流れが悪くなったりスムーズに展開できない事はありませんか?
そんな時、いつも通り…や、なんとなく…な展開をするのではなく、32カウントのコリオグラフィーのどの部分から展開していくのか、どの部分を取り出すのか、どのように組み合わせるのかを、よく考えることがとても大切なポイントになります。この商品ではその様な展開方法をご紹介していきます。

 

シェアする