少し細かいフットステップを使用したコリオや身体を大きく使い、ダイナミックに動くコリオなどをご紹介していきます。難度を上げること=足元が細かくなると考えがちですが、様々な面の使用や差込みのスパイスによる難度アップなどをご紹介しています。面が変わることで視覚的感覚が変わるため難易度が上がりますが、参加者に伝わらない指導にならないよう、丁寧なブレイクダウンや的確なキューイングを意識して作成しています。

ベースを作り、その中をどんどん変えていくレイヤリング、スピード感があがるようなアドオン、小さなブロックを作り繋げたり、カッティングハーフなど様々な方法を使用し、展開時もワクワクするようなレッスンを心掛けています。
流れよく、かつ立体的に動くことで運動量もしっかり確保した内容とです。
是非、ご覧いただき皆様のレッスンの参考にしていただけますと幸いです!

シェアする